ホーム > 社会活動 > 自分自身の体の状態

自分自身の体の状態

パソコンのディスプレイの前で、休むことなく上下動している為替レートを目を向けていると、どことなくエントリーをしたい衝動に煽られる状況も多いと思います。

 

だがしかし、漠然とした直感で取引することは絶対にしてはいけません。

 

確かに、マーケットは24時間、休みなくいずれかの国の為替相場が動いているし為替レートも、変動している。

 

しかしながら、何度もエントリーを積み重ねるとそれだけ損失が生じる可能性が高まってしまう。

 

もちろん、売買の回数を重ねることによって少しずつ勝つ可能性が50%、50%になるのは事実。

 

けれどもこの事実は「なんだか分からない直感で注文」とは別の話です。

 

注文回数を積む意味というのは自分が「ここで勝負」と考える勝算を持った場合の注文回数を積むという事を言っています。

 

特段の理由も無く、絶え間なく取引を繰り返すのとは異なります。

 

市場の駆け引きに敗北しないためにはあなたが意識的にけじめをつけることが大切です。

 

「ここは勝てる」と思い至った市場の時には、いっそ所有ポジションを増やして徹底的に儲けを求めます。

 

「かなり頭をかかえるマーケットでどう上下するのか思いつかないな」と思った時は、執着しないで持っているポジションを全部クローズして何もしません。

 

それぐらいのメリハリがあったほうか最後に注文は成功します。

 

マーケットの金言には「休むも相場」というものがあります。

 

まさにその通りだと思います。

 

為替とは、常にポジションを保持する事が大事ではなくどのポジションも所有せずじっと見ていることも場面によっては必要です。

 

それでは、どういう時に休む必要があるのでしょうか。

 

第1に考えられるのが、前述の通り、直近の市場が今ひとつ見通しがきかない時です円高になるのか、それとも円安になるのかが判断できない時は間違って判断すると、書いた物語とは違った方向に外国為替市場が変動してしまい損をする事になります。

 

だから、こういう場面ではポジションを整理して何もしないで見ているだけが最良の選択です。

 

2番目に、自分自身の体の状態がよくない時です。

 

健康状態と市場につながりがない感じる方もいるだろうが。

 

実際には大きく関係があります。

 

コンディションがよくなければ為替相場の肝心な場面で、必要な決定が出来ない場合があります。

 

気分が乗らない時は相場から距離を置くことも肝心な事です。

 


関連記事

  1. 自分自身の体の状態

    パソコンのディスプレイの前で、休むことなく上下動している為替レートを目を向けてい...

  2. テスト

    テスト記事です。...