ストレスが溜まると血管が縮み栄養が届かなくなる

M字ハゲの対策手段は多岐にわたります。M字ハゲは様々な治療方法が進んでいますが、20代の若い世代のM字ハゲの原因は、髪の毛に栄養がいかないからで、一番に考えられることはジヒドロテストステロンという悪玉ホルモンが何かの理由で増殖して、毛細血管から毛に栄養を取り込む役目の毛乳頭に影響を与えて、毛が生まれ育っていくサイクルが狂ってしまうのです。
そして、DHTが原因のケースもありますが、その他には日頃のストレスがあり、毛の栄養は毛乳頭が毛細血管から栄養を吸い取ることによって供給されますが、ストレスが溜まれば血管が縮み毛細血管まで栄養が届かなくなります。野菜を食べないで肉など脂っこいものばかり食べれば血液が脂質だらけでドロドロして髪の栄養が毛細血管まで届かなくなります。
そして、M字ハゲにならないような予防ですが毎日の食事に注意することが大事で、血液がドロドロになってしまうのは肉ばかり食べていることが原因。そして睡眠不足による体調不良も基礎代謝を衰えさえて血液の流れが悪くなります。まず栄養バランスがとれた食事をするように心がけましょう。M字ハゲの治療は今のうちから始めてしまいましょう。
http://www.info-nekretnine.com/entry1.html